実績と研究開発Q&A
木材保存剤・シロアリ防除剤/製品情報シロアリを発見!したら/シロアリ情報・駆除と予防特約工事店・施工店
製品情報

キシラモンの変遷

1960

昭和35年3月
キシラモンの研究・開発を開始

1926年からベルギーおよびドイツで研究・開発が行われる。
1928年、旧西ドイツ・デソワク社(旧社名デソワク・バイエル社)にてキシラモン第1号誕生。

ヴェルサイユ宮殿をはじめ、ヨーロッパ各国の歴史的・文化的建物の保存に採用される。

1964

昭和39年9月
キシラモン発売

日本国内の国宝・重要文化財にも採用される。東大寺、法隆寺、中尊寺金色堂などがキシラモン使用文化財の第1号。

1973

昭和48年12月
キシラモンTR発売

1983

昭和58年3月
キシラモンEX発売

研究を重ね、日本風土に合った様々な製品を開発。

1991

平成3年
キシラモンTR-N発売

改良を重ね、より安全な有効成分を起用し、低臭化を進める。

1999

平成11年2月
キシラモンエース発売

2002

平成14年9月
キシラモントラッド発売

時代のニーズに合わせ、VOC(*1)の低減の研究、開発を進める。
主に一般家屋を対象として低VOC(*1)をコンセプトとしたタケロックシリーズを発売。

2004

平成16年10月
水性キシラモン3W発売
キシラモンMC発売

2005年に大阪ガスグループの一員となり、高度な研究開発と最先端の科学技術を融合し、日々研究成果を積み重ねています。

*1 VOCとは揮発性有機化合物 常温常圧で空気中に容易に揮発する有機化合物の総称。

ページトップへ ▲