実績と研究開発Q&A
木材保存剤・シロアリ防除剤/製品情報シロアリを発見!したら/シロアリ情報・駆除と予防特約工事店・施工店
HOME > 製品情報 > クロチアニジン配合製品 > タケロックシリーズ > 水硬化型土壌処理剤 タケロックMCブロック
製品情報

水硬化型土壌処理剤 タケロックMCブロックシリーズ

自然土と組み合わせた固化タイプの防蟻剤。 施工部位で固まり物理的に防蟻層を形成できるだけでなく、クロチアニジンが有する強い殺蟻効果と相まってシロアリをガッチリ防ぎます。また、作業もしやすく取扱いやすい新タイプ。
基礎断熱住宅への施工に最適!

適用効果

シロアリの防除

特長

  1. 水と混練すれば、固化した防蟻層が形成できる(設置後散水タイプも有)
  2. 処理層が壊れにくく、また流水による流れも無い硬化型
  3. 施工前に混練すればモルタルのようにコテで作業が可能
  4. 割れや剥がれの部分補修が可能
  5. 安全性が高く、優れた殺蟻効力を有するクロチアニジンが主成分
  6. 進化したマイクロカプセル化技術で、環境への負荷を徹底的に低減
  7. ほとんど臭わない超低臭性
  8. 耐アルカリ性に優れ、コンクリート打設後の床下にも使用可能

性状

  1. 有効成分:クロチアニジン(0.05%)
    (毒物及び劇物ではありません)
  2. 外観 :乾燥粉末(Sタイプ標準色:淡褐色、Kタイプ標準色:灰色)
  3. 比重 :3.0-3.3(g/cm3 : 20℃)
  4. 包装容量:Sタイプ:10kg袋
    Kタイプ:10kg袋
    パウダー:1kg×5袋

認定機関

  • (公社)日本しろあり対策協会認定薬剤 (登録番号 第3498号)
  • (公社)日本木材保存協会認定薬剤 (認定番号 A-4230)
  • (公財)文化財虫菌害研究所認定薬剤 (登録番号 第25号)

調整方法・施工例

施工例・調整方法

最も効果的な施工は

基礎断熱住宅施工時の断熱材処理に加えて敷設する

(1)Sタイプ(後散水養生による薬剤の施工)

(2)Kタイプ(水により混練後使用するタイプ)

タケロックMCブロック性能試験

防蟻効力試験

  • 室内試験:貫通試験(1)
    <イエシロアリを用いた貫通試験>
 
試験機関 近畿大学農学部
試験方法 (公社)日本木材保存協会規格(JWPS-TS-S)      
『土壌処理用防蟻剤等の防蟻効力試験方法』を一部変更した試験による
*タケロックMCブロックの充填厚みを10mm、無処理土壌のみの場合は重点厚さを50mmとした。
使用するシロアリはイエシロアリ職蟻100頭、兵蟻10頭とし、観察期間は21日間とした。
試験結果: 土壌処理用防蟻剤名
タケロックMCブロック

土壌 穿孔距離
(mm)
穿孔度 備考
耐候操作 耐候操作
あり なし あり なし
処理土壌 1
2
3
4
5
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
3日以内に全頭死亡
3日以内に全頭死亡
3日以内に全頭死亡
3日以内に全頭死亡
3日以内に全頭死亡
無処理土壌 1
2
3
4
5
50
50
50
50
50
5
5
5
5
5
1日以内貫通
1日以内貫通
1日以内貫通
1日以内貫通
1日以内貫通
  • 穿孔度:0は供試土壌への穿孔が全く認められない
  • 1は穿孔距離1cm未満
  • 5は穿孔距離4cm以上を示す
  
本試験結果がらタケロックMCブロックは十分に性能評価基準を満たしていることが証明された。
(合格基準は穿孔度1以下もしくは穿孔度2の場合1週間以内に供試シロアリが全頭死亡すること)
 
 
室内試験 貫通試験(2)
試験機関 自社
試験方法 (公社)日本木材保存協会規格(JWPS-TS-S)
『土壌処理用防蟻剤等の防蟻効力試験方法』を一部変更した試験方法とした。
中央のガラス管に40mmの厚さで無処理土壌を充填し、その上に2、3、4、5、および10mmの厚さにタケロックMCブロックを充填後、散水し固化させた。
対照としてタケロックMCブロックからクロチアニジンを除去した組成物(クロチアニジン非含有組成物と表記)および無処理土壌のみについても同様に実施した。クロチアニジン非含有組成物は充填厚さを10mmとし、無処理土壌のみの場合は充填厚さを40mm+10mmの50mmとした。
使用するシロアリはイエシロアリ職蟻100頭、兵蟻lO頭とし、観察期間は21日間とした。
     
   
試験結果:
土壌 充填厚み(mm) 穿孔距離(mm) 死虫率(%) 備考
タケロックMCブロック 2
3
4
5
10
0
0
0
0
0
100
100
100
100
100
100
7日以内に全頭死亡
7日以内に全頭死亡
7日以内に全頭死亡
7日以内に全頭死亡
7日以内に全頭死亡
クロチアニジン非含有組成物 10 5〜8
20  
無処理土壌 50 50 0 1日後に貫通
本試験結果からタケロックMCブロックは弊社標準仕様による使用で十分に効力を発揮すると判断された。
 
 
室内試験 簡易貫通試諌
試験機関 近畿大学農学部
試験目的 通常、シロアリは床下土壊より侵入することが多いため、床下土壌中からの侵入を想定した試験を行い効力を確認することを目的とした。
試験方法 直径約8cm、高さ約9cmの蓋付きポリ容器に無処理含水ケイ砂を約2cm敷き詰めた。その中心部に内径約3.5cm高さ約4cmの円筒を設置した。円筒には厚さ約2cmの無処理ケイ砂を敷き詰め、その上にタケロックMCブロックを1cm厚に敷き詰め固めた。
さらにタケロックMCブロック上には木口1cm×1cm、長さ2cmのマツの餌木を設置した。容器と円筒の間の無処理含水ケイ砂上から、イエシロアリ職蟻200頭、兵蟻20頭を放虫した。本試験においては、一度土壌に潜らなければ円筒に侵入することができず、現場における侵入方法により近い方法であると考えられる。放虫後、3週間観察を行い、タケロックMCブロックを貫通し餌木への到達の有無を確認した。      
なお、無処理を充填した場合では1日後には餌木に到達していることが認められている。
試験結果 タケロックMCブロック層は穿孔されず供試シロアリは3日以内に全頭死亡した。
   
本試験結果から、タケロックMCブロックは土壌に散布された場合においても十分に効果を示すと判断された。
 
 
室内試験 設置幅確認試験
試験機関 自社
試験方法 縦206×横76×高さ65mmの容器の片側10mmに隙間を空け、10、20、30、40、50mm及びlOOmmの幅(厚さ10mm)でタケロックMCブロックを加水混練物の状態で設置し固化させた。その後、無処理土壌をタケロックMCブロックを設置した以外の部分に厚さ10mmで設置した。幅10mmの無処理土壌上には縦10×横20×高さ10mmのマツ餌木を設置した。もう一方の無処理土壌(図中にはシロアリ投入土壌と表記)とタケロックMCブロックの間には仕切りを立て、シロアリ投入土壌側のみにイロシロアリ職蟻200頭と兵蟻20頭を投入した。一定時間経過しシロアリが落ち着いたことを曜認した後、仕切りを撤去し挙動を目視にて観察した。その際、処理面を通過したシロアリのうち、横断が1回のみの個体を10頭捕獲し、別容器にて挙動を7日間目視にて観察した。
     
   
試験結果:
  設置幅(mm) 死虫率(%)に達成した日数
継続接触 短期接触
タケロックMCブロック 10
20
30
40
50
100
200
1
1
1
1
1
1
1
3
3
3
3
3
3
3
無処理土壌   7日後に死虫率0%
本試験結果からタケロックMCブロックは弊社標準仕様による使用で十分に効力を発揮すると判断された。
 
  • (2)防蟻効力試験(野外試験)
 
試験機関 近畿大学農学部
試験地 鹿児島県南さつま市高橋潟国有林
試験方法 (公社)日本木材保存協会規格(JWPS-TS-S)に準拠
タケロックMCブロックを20cm×20cm、厚さ1cm処理し散水した。固化した後、中央部に10cm×10cmの木板を設置し試験を行った。
供試薬剤 タケロックMCブロック(クロチアニジン0.05%含有)

試験結果:
種別 試験片反復 食害の有無
1年目 2年目
タケロック
MCブロック
処理土壌
1 食害なし 食害なし
2 食害なし 食害なし
3 食害なし 食害なし
4 食害なし 食害なし
5 食害なし 食害なし
無処理 1〜5 食害あり 食害あり

<試験片の様子(円形に施行した例)>

タケロックMCブロックで処理した土壊に設置された試験片。食害は見られない。

タケロックMCブロックで処理していない土壌に設置された試験片。蟻害がはっきりと確認できる。
本結果からタケロックMCブロックは十分に性能評価基準を満たしていることが証明された。
(合格基準は2年間食害がないこと)
 

タケロックMCブロック安全データ

製剤として

  1. 急性毒性:
    (経口毒性)LD50 >5000mg/s(ラット)
    (経皮毒性)LD50 >2000mg/kg(ラット)
    (吸入毒性)LC50 >6.14mg/L(4時間、ラット)
  2. 変異原性(小核試験):
    陰性(マウス)
  3. 魚毒性:
    LC50 >100mg/L(96時間、コイ)
    EC50 >100mg/L(24時間、オオミジンコ)
    EC50 1〜10mg/L(48時間、オオミジンコ)
  4. ADI(1日摂取許容量):
    0.097(mg/kg/day)
  • LD50(50% Lethal Dose):
    化学物質を実験動物に投与した場合に、その半数(50%)が試験期間内に死亡する用量のこと。投与した動物の50%が死亡する用量を体重あたりの量(mg/kg)としてあらわし、数値が小さいほど毒性が大きい。
  • LC50(50% Lethal Concentration):
    ガス体または水に溶解した状態の化学物質に曝露された生物の半数(50%)が試験期間内に死亡する濃度。数値が小さいほど毒性が大きい。
  • EC50(50% Effective Concentration):
    水中生物等に対し、死亡以外の影響要因を評価する指標。例えば、ミジンコ遊泳阻害試験ではミジンコの50%が遊泳しなくなる(=影響を受ける)化学物質の濃度を指す。数字が小さいほど毒性が大きい。

*動物愛護の観点から最近は急性経口・急性経皮毒性とも最大2000mg/kgまでの試験となっています。
*使用に際しては製品容器やカタログに記載されている"使用上の注意"、"取扱い上の注意"をお読みください。

ページトップへ ▲