実績と研究開発Q&A
木材保存剤・シロアリ防除剤/製品情報シロアリを発見!したら/シロアリ情報・駆除と予防特約工事店・施工店
HOME > 製品情報 > クロチアニジン配合製品 > シロアリ駆除&防除のWパワー > 有効成分の高い持続力と、 広がる効力
製品情報

有効成分の高い持続力と、広がる効力

シロアリに付着して効果が広がる

マイクロカプセル化により、有効成分の持続性をアップ。さらにシロアリの体に付着したカプセルが、グルーミング(体をなめ合う行動)によって他のシロアリにもくっつき、効果が広がります。
口を開いたイエシロアリ 口を開いたイエシロアリ
刺激を与えると口を大きく開けて威嚇します。薬剤効果は主として、この口からマイクロカプセルが取り込まれることにより発現します。(口を開いたイエシロアリ)

マイクロカプセルが体内に取り入れられる様子 身づくろいするイエシロアリ
センサーの役割りである触角をなめて身づくろいする習性があるため付着したマイクロカプセルが体内に取り入れられます。

■カプセル化されていない防蟻剤 カプセル化されていない防蟻剤

■カプセル化された防蟻剤カプセル化された防蟻剤

マイクロカプセル写真

  • イエシロアリ電子顕微鏡写真
    マイクロカプセル
    マイクロカプセル

  • 職蟻の頭部(眼はありません)
    職蟻の頭部(眼はありません)
  • イエシロアリ触覚写真
    マイクロカプセル
    マイクロカプセル

強制伝播性確認試験

 
2時間後に木片に到達している
シロアリを採取。
   
薬剤に触れていないシロアリと
混合。(混合比率は新規10倍)
   
 
タケロックMC50スーパーを塗布した木片に到達したシロアリ
   
混合して2時間後には健全なシロアリ
がゼロ。1日後全頭死亡
       
薬剤非接触のシロアリに対する伝播効果が確認された

マイクロカプセル化による高い持続力

アルカリに強い

強いアルカリ性のコンクリートの上に防蟻剤を散布した場合、時間が経つと分解されてしまいます。カプセル化することで直接コンクリートに触れないため、効果が長持ちします。

接触試験


コンクリート表面に散布した場合においても十分に防蟻効果があります。

コンクリート表面に散布されたマイクロカプセル

ページトップへ ▲