実績と研究開発Q&A
木材保存剤・シロアリ防除剤/製品情報シロアリを発見!したら/シロアリ情報・駆除と予防特約工事店・施工店
HOME 住まいの害虫図鑑 > アリガタバチ
住まいの害虫図鑑

アリガタバチ

  図鑑リスト:
アリガタバチ科のハチ。姿がアリに似ているメスは2oで羽がなく、雄は2.5oで羽があります。
幼虫はクシヒゲシバンムシに寄生して育ちます。このシバンムシはタタミやファイバーボードの害虫で、野外では枯木の樹皮下に棲んでいます。アリガタバチは、人が寝静まっている夜に活動します。腹端に毒針を持つので、アリと思って手を触れると刺されます。被害が多いのは布団の中やタタミの上。刺されると激痛がし、赤く腫れ、その後、黒い痕が約1ヶ月間残ります。
シバンムシアリガタバチの成虫
シバンムシアリガタバチの成虫
(公財)文化財虫菌害研究所提供

ページトップへ ▲